HOME>特集>家の管理から貸出、それに契約は全て管理会社におまかせ

目次

賃貸オーナーになること

せっかく家を立てたのに、転勤や海外出張により住むことがかなわない場合、家を貸すという選択肢があります。定期借地契約を結ぶことにより、契約期間は自分で自由に設定できます。例えば、3年の海外転勤であれば、3年間家を貸し出すことが出来るのです。家というのはそのままにしていても固定資産税がかかってしまうことから、借りたい人がいれば賃借契約を結ぶことが好ましいです。

管理会社を選ぶポイント

家を貸すことが決まれば、次は管理会社選びです。管理会社を選ぶ際のポイントは、安心して不動産管理を任せられる会社を選ぶことです。手続きなどを代行してくれるところであれば、一任して任せることができるのです。

家の貸出条件を決める

貸出条件を決めることが、家を貸すためにはじめに行わなければならないことです。貸主が自由に契約期間を設定できるのが定期借地契約でありますが、この場合には借り主を見つけにくいこともあるので、貸出条件の設定は重要です。

ローンの返済の補填に

諸事情によりせっかく立てた家に住むことができない場合、家を貸すという選択肢は有効です。家を貸している間は家賃収入を得ることができるため、それをローンの返済に当てる事が可能です。賢く利用すれば不労所得でローンを減らすことができます。

広告募集中