HOME>イチオシ情報>どのような準備が必要で、どんな費用がかかるか

家の中を片付けて管理会社を選ぼう

男性

家を貸す際にどのような準備が必要かというと、最初に家の中を片付けることからはじめます。他人に家を貸さなければならないので、部屋の中にある家具などを全部出さなければならないからです。最近では家具付きで家を貸すケースもありますが、壊される可能性があるのですべてを引き払った状態で貸すのがいいでしょう。ただし、エアコンや照明などはあった方が入居者に喜ばれるので、そのままにしておいても大丈夫です。家の中を片付けて貸せる状態になったら、次に管理会社を選びます。管理会社に依頼すれば、入居者募集から賃貸借契約の締結まですべてをサポートしてくれるので、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

初期費用について

住宅模型

家を貸すことは、家賃収入が入ってくることばかり目が行きがちですが、それなりに費用もかかります。どのような費用がかかるかというと、初期費用やリフォーム費用、管理料などです。初期費用とは、家を貸す時に綺麗な状態にするためのクリーニング代や壁紙の張り替え代、畳やふすまの張り替え代などです。この初期費用をかけないと、入居希望者が集まらない場合もあるので初期費用をしっかりかけて、内装をきれいにしておくようにしましょう。

管理費用について

男女

家を貸すことになったら管理費用が発生します。それは、管理会社に管理を委託する方法と自分で管理する方法の二種類です。管理会社に委託すると毎月決まった料金の料金が発生しますが、入居者のクレームに直接対応しなくてよいというメリットがあります。自分で管理する方法は、トラブルが起こった時にしか費用が発生しないというのがメリットになっています。ただし、入居者のクレームに直接対応しなければならないので、手間がかかります。

広告募集中